創価学会後継者の日45周年記念「後継者Challenge」に挑戦しよう!

創価学会後継者の日45周年記念「後継者Challenge」に挑戦しよう!
記念映像を視聴する

記念映像を視聴する

4月29日(木・祝)から配信予定
coming soon!

「後継者Challenge!!」について

5・5「創価学会後継者の日」45周年に向けて、全国の未来部員が池田先生のご指導を研さんする取り組みです。ご指導のテーマは①「未来部7つの指針」②「創価学会後継者の日」③「コロナ禍での励まし」の計3つ。ご指導が掲載された資料をダウンロード・印刷できるコーナーも用意しました。担当者から未来部員に共有していただいたり、ご家族で一緒に学び合ったりと、いろいろな場面でご活用ください。
「後継者Challenge!!」を通して池田先生の心を胸に刻み、成長した姿で45周年を迎えていきましょう!

「未来部7つの指針」
(中・高等部向け)

ダウンロード

「未来部7つの指針」
(少年少女部向け)

ダウンロード

「創価学会後継者の日」

ダウンロード

「コロナ禍での励まし」

ダウンロード

「創価学会後継者の日」45周年記念インビテーションカード配信

マスキングテープ

記念映像の招待状「インビテーションカード」も配信しています。「創価学会後継者の日」「未来部7つの指針」の歴史の紹介や、特設ページのQRコードが掲載されておりますので、訪問等の際にご活用下さい。

「創価学会後継者の日」とは?

「創価学会後継者の日」の淵源は1976年(昭和51年)5月5日、関西戸田記念講堂で行われた鳳雛会・未来部の記念勤行会にあります。席上、5月5日「こどもの日」を、後継の友が成長を誓い合う「創価学会後継者の日」とすることが発表されたのです。

池田先生は後に、こう述べています。
「創価学会にとって『後継者の日』は、5月3日の『創価学会の日』に続く重要な日である。一切の建設は『人』で決まる。『人』といっても、若い世代に託す以外にないからである」

「創価学会後継者の日」とは、池田先生が未来部に送った励ましの歴史を学び、師弟の誓いを新たにする日にほかなりません。この日を原点としながら、使命の舞台へ羽ばたき、「後継の正義の走者」として活躍している友が今、日本中、世界中にいます。

「未来部7つの指針」とは?

5月5日を「創価学会後継者の日」とすることが発表された会合の席上、池田先生は、未来部に6つの指針を贈りました。2013年(平成25年)には、この6つの指針にさらに1つを加えて7つの指針に。これが今に続く「未来部7つの指針」となったのです。

未来部7つの指針
未来部7つの指針

そのどれもが、今いる場所で実践できる挑戦であり、池田先生ご自身が、戸田先生の弟子として、心がけてきたことです。7つの指針すべてを挑戦することは難しいかもしれませんが、できることから1つでも挑戦することが、世界市民への一歩に繋がります。

トップへ