8月24日は、池田大作先生の入信記念日です。戦後間もない1947(昭和22)年のこの日、当時19歳だった池田青年は信仰の道に入りました。
その10日前の8月14日の午後8時ごろ、池田青年は、小学校時代の同級生に誘われて、東京の蒲田で開かれた学会の座談会にはじめて出席しました。
暗い夜道を抜けて座談会の会場に到着すると、部屋の中から御書(立正安国論)を講義する凛とした声が聞こえてきました。その声の主こそ、当時理事長だった第二代会長戸田城聖先生でした。

講義の終了後、人生に対する確かな答えを渇望していた池田青年は、一人立ち上がり、戸田理事長に「正しい人生とはなにか?」などいくつか質問をします。——青年の質問の一つ一つに、真剣に、明快に答える戸田理事長の確信に満ちた言葉に心を打たれた池田青年は、その場で即興の詩を朗唱しました。「旅びとよ/いずこより来(きた)り/いずこへ往(ゆ)かんとするか/月は 沈みぬ/日 いまだ昇らず/夜明け前の混沌(カオス)に/光 もとめて/われ 進みゆく/心の 暗雲をはらわんと/嵐に動かぬ大樹を求めて/われ 地より湧き出(い)でんとするか」
池田先生は当時を振り返り、つづっています。「この時、私は深遠な仏法の哲理を、十分に納得できたわけではない。家族も大反対であった。ただ私は、表層の次元を超克して、戸田城聖という人格に魅了されてならなかったのである」
その10日後の8月24日、池田青年は創価学会に入信しました。

若き日の池田大作先生

今月の広布史トップへ
トップへ