1月の広布史:1.26「SGI(創価学会インタナショナル)の日」 1月の広布史:1.26「SGI(創価学会インタナショナル)の日」

1月26日はSGIの日です。

1975(昭和50)年のこの日、世界51か国・地域158人のメンバーがグアムに集まって創価学会の世界平和会議が開かれました。

その席上、各国の創価学会の連合体であるSGI(創価学会インタナショナル)が結成されたのです。そして、
池田大作先生がSGI会長に就任し、ここに「平和」「文化」「教育」の旗を掲げたSGIの記念すべき第一歩が印されました。

池田先生は、第三代会長に就任した1960(昭和35)年の10月、25日間の北・南米指導の旅に出ました。翌61年1月には、インド、東南アジアへ。そして秋にはヨーロッパ指導に赴き、62年1月には中近東にも行きました。

こうした海外指導の積み重ねによって生まれたのがSGIでした。

世界平和会議の、席上池田先生は、「全世界に妙法という平和の種をまいて、その尊い一生を終わってください。私もそうします」と呼びかけました。

この池田先生のスピーチに、万雷の拍手が鳴り響きました。“全世界に妙法という平和の種をまく”。この先生の誓いこそ、仏法の人間主義を広げゆくSGIの原点となったのです。

世界平和会議の席上あいさつする池田大作先生

今月の広布史トップへ
トップへ